滋賀で注文住宅、新築一戸建てをお考えなら、滋賀県彦根市・近江八幡市の工務店「華建築」

華建築ブログ

スタッフブログ

2019年4月15日

hana、花!

こんにちは うっちーです。

4月も中盤、平成もあと少しとなりました。

昨日は一日、雨でしたが

本日は晴れて気持よく、今週は晴れ間も多そうで

花粉症ではないので外に出ていくのが楽しみです。

先週末、打合せでパレットタウン

『なでしこ』

IMG_1662

シンボルツリーに 花が咲きました!

樹種はなにかわかりませんが 白いかわいい花でした。

周りの芝生も

IMG_1663

緑がちらほら キレイに生えそろうのが楽しみです。

ゴルフに行きたくなりますが・・・

 

昨日は

先日上棟終えた 彦根市 F様邸へ

少し前に紹介した 桜が

IMG_1664

満開!(少し散り始めていましたが)

雨の中でしたが しっとりといい感じでした。

F様邸、お家の中は

IMG_1666

T大工さん 造作工事中の中

電気配線の確認をさせていただきました。

次の工程は

吹き付け断熱工事、気密測定へと進みます!

F様、Mちゃんは

IMG_1665

無垢の床材の上を歩いて

大喜びでした!

髪型もスッキリ!かわいかったです!

 

F様、次回の打合せも宜しくお願い致します。

 

 

 

HANAKENのInstagram

実用的でデザインにもこだわった、心に残る家づくりをしている滋賀県の工務店「華建築」が建てた注文住宅の施工事例やインテリアの写真を中心にInstagramでもご紹介しています。


HANAKENのFacebook

華建築が現在施工しているの現場のレポート、見学会やイベントのご案内を中心にご紹介しています。スタッフブログと違った記事なのでぜひこちらもチェックしてください。

GOです。

 

「高気密は息苦しいからダメ!」

「気密性は高ければ高いほど良い!」

 

いったいどっちが正しいの!?

 

気密性を高め家族が安全に暮らせる住宅に

気密性が高ければ高いほど、

換気が計画的に行え、快適に暮らすことが出来ます。

 

先日、ある方からこんな事を言われました。

気密性を高めるには、

職人の技術と工法の見直しが必要だから、

ハウスメーカーは手を出さない、

断熱性も耐震性も、設計上の問題なので、

本当にそれだけの性能があるかは、

誰にもわかりません。と

 

耐震等級3、と言っても、実際に3なのか?は、

地震が来なければ、わからない。

ので、ある意味、ごまかしがきくのですが、

気密測定は、そのものの数字が出てしまいます。

 

もし、C値=1.0とか0.5と仕様書に記載していて、

測定してみたらその数値がまったくでなかったら、

あなたならどうしますか?

 

「出るまでやり直してください」

と、気にする方ならいいますよね。

そうなると、結構、大変です。

 

とまあ、そんな理由もあり、

ハウスメーカーは「気密性能」については、

ほとんど触れないようにしている。

 

またある先生は日本と言う国は

ハウスメーカーがやり難い事を基準にはしない・・・

住まいての事をもっと本気で考えろ!

 

 

私自身も気密測定の立ち合いは何度も行ってますが、

結構、ドキドキです。

最近、C値=0.1オーバーという経験はないのですが、

もしあったら、、、、

今の平均値 C値=0.13を

お伝えしているので大変なことになります。

 

 

「気密性は高ければ高いほど良い!」

 

1.気密性が高いと換気が計画通りに行えるので、いつでも空気がきれい。

2.気密性が高いと高効率の熱交換換気が利用できるので、更なる省エネが出来るし、

吸気した空気が冷たくなるコールドドラフトも起きずに快適である。

3.防湿層を隙間なく施工できるので、内部結露を起こさない。

だから構造木材が結露で腐らず長持ち。

4.気密性能が高いと隙間風が少なくなるので、省エネ。

5.気密性能が低いと特に床の温度が下がって不快感が高まるので、

快適性を考えるなら気密性能はしっかりと担保すべき。

6.高い気密性能を確保するために、腕の良い職人の育成に力を入れている。

制度の高い施工能力と職人の技術が自社の強みだ。

 

 

何より洗濯物がよく乾く

部屋干しでも洗濯物がよく乾きます。

半乾きの嫌な臭いはまったくしません。

予算に、余裕がある方はランドリールームをつけるべきです。

 

 

 

 

 

HANAKENのInstagram

実用的でデザインにもこだわった、心に残る家づくりをしている滋賀県の工務店「華建築」が建てた注文住宅の施工事例やインテリアの写真を中心にInstagramでもご紹介しています。


HANAKENのFacebook

華建築が現在施工しているの現場のレポート、見学会やイベントのご案内を中心にご紹介しています。スタッフブログと違った記事なのでぜひこちらもチェックしてください。