本物の幸せな家づくりしていくことHANA KEN(華建築)

カタログ請求・お問い合わせ

会社概要

メニューを開く

華建築ブログblog

2020/09/07

『良い家は窓が決めて』

GOです。

 

 

注文住宅を建てる方が
「窓を失敗すると後悔する」と言われております。
窓の失敗は、実際にその家で生活してみないと
気づきにくいもので設計の段階から、
正しい知識に基づいて計画することが重要となります。

 

 

代表的な窓の失敗事例として挙げられるのが・・・

・「窓の数を考えなかった」
・「設置する位置を深く考えていなかった」
・「高性能窓を選ばなかった」
・「デザインに凝りすぎた」
・「担当者の言葉を鵜呑みにしてしまった」

 

 

などなど・・・

「数」と「位置」と「性能」

 

窓は、光を取り入れ、風を取り入れ、熱も取り入れる。

 

 

この書籍には、

『良い家は窓が決め手』と書かれおります。

 

 

 

そこで、高気密高断熱住宅を計画する際、
もっとも注意する3つのポイントがあります。

 

 

それは、

1 断熱

 

外壁・屋根天井・床の断熱材で、熱・冷気の出入を防ぐ

 

2 気密

 

開口部(窓や扉)や屋根天井・壁・隙間の、空気の出入を防ぐ

 

3 換気

 

室内温度を保持できる換気扇を採用する

 

 

 

この3つのポイント、断熱・気密・換気を
良くするも悪くするも窓が決めてになります。

 

 

 

熱の動きは、
冬は熱の58%が窓から逃げる。
夏は熱の73%が窓から入ってくると言われている。
窓からの熱の出入りをコントロールすることで、
快適な室内環境に近づきます。

 

 

 

 

冷房や暖房にかかる費用などの
エネルギーコストについても、
窓を工夫することで抑えることが出来きます。

 

 

高断熱の窓は家づくりの基本となります。

 

 

 

 

これから家づくりをお考えの方は・・・

 

 

【窓選びを制する者は、家づくりを制する】

 

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 HANA KEN(華建築). All Rights Reserved. Created by Co., Ltd . .ABABAI.