本物の幸せな家づくりしていくことHANA KEN(華建築)

カタログ請求・お問い合わせ

会社概要

メニューを開く

華建築ブログblog

2020/11/30

冬の乾燥は危険!

GOです。

 

 

冬の乾燥は危険!

 

 

空気が乾燥すると気をつけるべきこと

空気中の水分量が減ると、

さまざまな弊害やリスクが高まります。

 

 

① インフルエンザなどのウイルスが活躍しやすくなる

② 肌や喉のトラブルが増えやすくなる

③ 火事のリスクが増える

 

 

風邪やインフルエンザウイルスは乾燥した空気で増えやすく、

特にお子さんがいる家庭で注意したいです。

冬になると感染症にかかってしまう理由は、

空気が乾燥しているからです。

 

新型コロナウイルスもですね。

 

 

湿度40%以下になるとウイルスは空気中を

浮遊しやすくなるので、容易に感染します。

また空気が乾燥すると、のどや鼻の粘膜も乾いて傷つきやすくなります。

そうした部位からウイルスが体内に侵入します。

 

なおシーズンの初めにエアコンを使う場合は、

必ず内部をキレイにしましょう。

夏の湿気でカビが発生しているかもしれません。

温風と一緒にカビの胞子がまき散らされると、

気管支炎などを引き起こすこともあります。

 

 

肌の乾燥によるトラブルで皮膚から雑菌が侵入しやすくなったり、

喉が乾燥するとバリア機能が低くなったりし、

健康への影響が否めません。

 

 

 

火事については

「燃えやすい条件が整いやすくなる」ことが挙げられます。

 

 

 

 

そこで①・②室内の乾燥対策として

第一に挙げられるのは加湿器の使用です。

原理としては単純ですが、湿度を上げる効果はあります。

最近は除菌機能を備える製品もあるようです。

ただし使い方が大切です。

 

 

ただ部屋に何台も置くと壁が結露する事例があるようです。

これはやりすぎです。

結露が続くと冬でもカビが生えます。

 

 

また加湿器の水タンクは毎日洗いましょう。

 

 

 

洗濯物を部屋に干すことは一石二鳥となります。

 

 

 

コロナ禍の今

一般社団法人 日本エネルギーパス協会 代表理事

今泉 太爾さんは、伝えている。

 

YouTube

 

乾燥は健康リスクが高まる

 

 

 

新型コロナウイルス患者は、

夏と違い冬は重症化の危険性が高い

 

 

 

 

 

これらを人間は意識するだけでも違ってきます。

常に湿度を気にするようにしていれば、乾燥を防げます。

 

 

 

そのためには湿度計の設置をオススメします。

目安は湿度50%~60%です。

 

 

 

何か目標があれば、私たち人間は努力する生き物です。

漠然と考えているだけでは、やらないのと同じです。

 

 

 

今年の冬は必ず実行し家族を守りましょう。

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 HANA KEN(華建築). All Rights Reserved. Created by Co., Ltd . .ABABAI.