本物の幸せな家づくりしていくことHANA KEN(華建築)

カタログ請求・お問い合わせ

会社概要

メニューを開く

華建築ブログblog

2018/09/24

コントロール出来る事は!

GOです。

 

“より良い人間関係を築くための心理学”

アメリカの精神科医ウイリアム・グラッサー博士が

発表した心理学が選択理論(選択理論心理学)です。

 

 

選択理論は、

すべての行動は自らの選択であると考える心理学です。

 

行動を選択できるのは自分だけ!

他人に行動を直接選択させることはできません。

 

人のストレスの75%は、人間関係であり

逆に言えばその人間関係が良好であれば

75%のストレスは無くなると言われいる。

 

皆さんいかがでしょうか

人間関係でストレスを感じたことはないでしょうか?

 

 

わたしは、過去にたくさんありました。

しかし、この選択理論心理学と出逢い

「考え方」・「捉え方」が変わり、

このストレスが大きく減少しました。

 

人間関係でストレス減少させるには、

自分自身がコントロールできるものと、

コントロールしにくいものを

明確に区別することでした。

 

 

ちなみに、下記の項目で

コントロールできる(変えることができる)ものと、

コントロールしにくい(変えにくい)ものを

分けるとどのようになるでしょうか?

□自分の表情や言動    □他人の表情や言動
□明日の予定       □残りの営業日数
□付き合う人       □自分の上司
□使う交通手段      □時間に遅れているバス

 

おそらく左側にすべてチェックが入ったはずです。

 

 

「自分と未来は変えられる」

「他人と過去は変えられない」

という言葉がある。

 

これは、子供に対しても一緒です。

親は、子供に対して

良くなって欲しい、成長して欲しいと言う気持ちから

子供をコントロールしてしまいます。

「それは、親の責任だから」と

 

 

仕事においては、

多くの人と協力して業務を遂行し、

成果を出していく必要がありますが、

すべての条件が自分のコントロール下にあるわけではなく、

コントロールしにくいことにイライラしたり

葛藤を覚えても、気分が落ち込むだけで、

何か良いことが起こるわけではありません。

 

 

同じ仕事に従事するのであれば、

気分よく生きていたいものですし、

自分自身が前向きであるほうが、

周りの人にもポジティブな影響を与えます。

 

 

 

人は、

コントロール出来ない事を

コントロールしようとして

出来ない事に

ストレスを感じているだけなんですね。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 HANA KEN(華建築). All Rights Reserved. Created by Co., Ltd . .ABABAI.