滋賀で注文住宅、新築一戸建てをお考えなら、滋賀県彦根市・近江八幡市の工務店「華建築」

華建築ブログ

GOです。

 

 

皆様は過去に「私は正しい」「私が正しい」と

人と言い争ったことはないでしょうか?

 

私は、過去に数えきれないぐらいあります。

 

 

これは、逆に言うと

「あなたは間違ってる」「あなたが間違ってる」と言うことであり、

相手は否定されたと捉えます。

なので言い争いになってしまったりする訳なんですネ

yjimage[1]

 

 

そこで相手のことを否定しないための3つの考え方をご紹介します。

 

 

1. 否定したところで、相手の意見は変わらない

 

他人の意見を否定して自分の意見をぶつけるということは、

一見効果的ですが同時にリスクがあります。

往々にして、相手はより自らの意見に固執するようになってしまいます。

よほどのことがない限り、そもそも相手の考えが変わることはないのです。

あなたもそうであるように、結局は自分で納得したことしか信じられません。

それなら、相手の発言を否定しないことで好意を持ってもらった方が、絶対に得です。

 

2. 「自分の意見は正しい」というのはただの思い込みである。

 

人は、自分の意見は正しいと思い込みがちです。

これを心理学の用語で「確証バイアス」と呼びます。

相手が自分と違う意見を言ってきたら、

間違っているのは自分ではなく相手だ、と思ってしまうもの。

しかし、相手は相手で「私が正しい」と考えているのです。

そこで、自分の意見は正しいという思い込みを疑いましょう。

本当に自分の意見が正しいと言えるのでしょうか?

今まで一度も間違ったことを言わなかったのでしょうか?

おそらくそんなことないでしょうし、仮にそうであったとしても、

これからも間違った意見を言わない保証などないのです。

 

3. 違うからこそ面白い

 

自分と相手の意見が違っていた場合は、

「なんで私と同じ意見じゃないの?」と反発するのではなく、

新たな視点を得られたと喜ぶようにする。

多様な価値観があることで自分の価値観もより洗練されていきます。

 

 

日々、否定しないための3つの考え方を持っていれば

幸せな人間関係が築けるはずです。

 

 

捉え方と解釈は無数。

 

 

 

 

HANAKENのInstagram

実用的でデザインにもこだわった、心に残る家づくりをしている滋賀県の工務店「華建築」が建てた注文住宅の施工事例やインテリアの写真を中心にInstagramでもご紹介しています。


HANAKENのFacebook

華建築が現在施工しているの現場のレポート、見学会やイベントのご案内を中心にご紹介しています。スタッフブログと違った記事なのでぜひこちらもチェックしてください。