滋賀で注文住宅、新築一戸建てをお考えなら、滋賀県彦根市・近江八幡市の工務店「華建築」

華建築ブログ

GOです。

 

先日、華建築株式会社安全大会を執り行った中で

問題は、線路の枕木のように訪れる。

とお話しさせて頂きました。

 

皆様は、いかがでしょうか。

問題て次から次へと起きることってないでしょうか。

問題は、小さな問題から大きな問題とあるが・・・

 

問題は問題ではなく

問題に対する捉え方が

問題なのである。

 

やはり捉え方て大切ですよね。

 

 

そこで、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

ハインリッヒの法則をお伝えします。

 

ハインリッヒの法則とは

 

アメリカのハインリッヒによる労働災害の経験則。

1件の重大災害の裏には、

29件のかすり傷程度の軽災害があり、

さらにその裏にはケガはないがヒヤッとする体験が

300件あるというもので、

その数から「1:29:300」という比率で表わされ、

1、29 、300の数字を取って「1:29:300の法則」とも呼ばれる。

作業中のひやりとする状態をそのままにせず、

不安全な状態や行動を見直し改善することで、

重大災害を未然に防ぐことができるとしている。

ハインリッヒの法則-図解[1]

HPからこんな例が・・・

 

日本では、毎年400 名近くもの尊い命が、農作業事故で失われています。

農作業による死亡事故及び重傷事故1件が発生する背景には、軽症事故29 件、

その下にはヒヤリ・ハットの無傷事故が300 件あるといわれています。

農家に直接聞き取り調査をした一部のヒヤリ・ハット事例から農作業事故防止に繋げる。

 

重大事故原因(内容)

・トラクターで移動中(作業中)の横転・転落

・歩行トラクター(管理機)で後退中の巻き込み、はさまれ。

・コンバイン(ハーベスタ)への腕の巻き込み

・草刈中に目に異物が飛び込み失明

 

○ 刈払機の事例

集落行事の河川清掃で、川沿いの草刈を行っていた時、

少し遠い下の方の草を刈ろうとしたら、

足が滑って、刈払機で右足の親指の爪を切った。

危うく、大怪我をするところだった。

 

その他の事例

・共同での草刈作業中、隣の人の跳ねた石が飛んできて足に当たった。

・杉の刈り込み中、破片が飛び散り、顔を負傷した。

・杉の刈り込み中、はしごからバランスを崩し、転落した。

・刈刃が石に当たりキックバックして、弾みで転んだ。

 

安全対策

☆ 他の人とは、15メートル以上離れて作業する。

☆ 滑っても刃が足に届かないように、肩掛けベルトで固定する。

☆ 作業前に、空き缶や剪定枝等の障害物を取り除く。

☆ 保護メガネ・安全靴・顔面保護具等を着用して作業する。

 

これは農作業に当てはめたハインリッヒの法則から

行動を見直し改善することで、

重大災害を未然に防ぐといった例です。

 

私達、建築の世界に置き換えれば

事例から安全対策て山ほどあります。

 

「1:29:300の法則」

 

 

事後対応ではなく事前対応

 

 

 

 

 

HANAKENのInstagram

実用的でデザインにもこだわった、心に残る家づくりをしている滋賀県の工務店「華建築」が建てた注文住宅の施工事例やインテリアの写真を中心にInstagramでもご紹介しています。


HANAKENのFacebook

華建築が現在施工しているの現場のレポート、見学会やイベントのご案内を中心にご紹介しています。スタッフブログと違った記事なのでぜひこちらもチェックしてください。